Tool Box

主にニコニコ動画やMikuMikuDance、モデリングについてのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舞踏会風ステージ 注意点

まず、セルフシャドウの件です。
かなり大きなモデルですのでMMDを立ち上げてデータを読み込んだだけの初期状態ではセルフシャドウがモデル全体に描画されません。
これを回避するには 表示(V) → シャドウ設定(Q) でセルフシャドウ距離設定ウィンドウを出し、modeや数値の変更をしてください。
数値の意味はこちらの かんなPさんのブログ で詳しく解説されておりますので是非ご覧になってください。


次にこのモデル、基本的にポリゴンが片面になっています。
大きなモデルといっても四方を囲まれてる室内モデルですので、カメラをつけるときに壁にめり込むのをなるべく防ぐためです。
モーフでも壁など非表示にできるようになっていますが、キーフレーム増やすのも邪魔くさいかと思いまして笑
ポリが消えるのがみっともない場合もあるのですが、片面好きは個人的な好みですね笑

しかし、片面の板ポリではセルフシャドウマップへ描写がされません。
つまりほかの材質に影が落ちないのですが…
その辺の詳細は、またまたこちらの かんなPさんのブログ をご覧になってください。
では片面を維持しつつどうやって影を落とすのかというと、
ステージに必要ない部分のポリには透過材質を適用した、箱型のパーツでステージを作りました。
例えばこのパーツを通常表示からワイヤー表示にすると…
20130221o.jpg
20130221p.jpg
20130221q.jpg

こうなっているんですね。
PMDエディタで該当材質の非透過度を0.001にしてセルフ影マップにだけチェックを入れています。
非透過度が完全に0ではないのは、MMMだとセルフシャドウマップに描写されなかったからですが、
この数値ならMMDでもMMMでも描写されたのでこの数値で決定しました。
それでもやっぱりMMMでは仕様が違うせいなのか、光漏れしてる部分があったりするのですが…
この透過材質のポリを削除して頂点数減らしたものが、xアクセサリの軽量版だったりします。
まぁホント付け焼刃みたいなもんなんですが… やらないよりマシかなぁ程度で…

そんな訳で、MMEを読み込むと透過材質の部分にまでエフェクトがかかってしまいなんだか描写が変になってしまう場合があります。
20130221r.jpg

参考にSSAOとDiffusion7をお借りして、適用しています。
外側から見て視点を動かすとよくわかりますが… なにか境目のようなものが…
二階北側の壁がわかりやすいです。

20130221s.jpg

外から、一歩中に入ると…

20130221t.jpg

透過材質のポリを超えたので通常通りの描画がされています。
ステージを内側から見る分には問題はないのですが、片面化した壁越しに外から内を覗くとこんな事になってしまいます。
これじゃ困るよ!って方はMMeffectのエフェクトファイル割り当てから解除したいエフェクトのタブを開き、
該当するファイルを右クリックでサブセット展開をし、透過材質を探し当てて解除ボタンを押してください。
大概一番下の材質じゃないかな~ …多分。

作った本人が気づいた注意点はこのぐらいですかね。
それでは、また何かありましたら~(不備なら無い方がいいが) (´・ω・`)ノシ

  1. 2013/02/21(木) 23:09:31|
  2. 舞踏会風ステージ
  3. | コメント:0
<<【MMD】舞踏会風ステージ【ステージ配布】 | ホーム | 透過材質の扱い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。